詳細な条件設定

カテゴリー
地 域
投稿日
再生時間
参照元サイト

上街道と可児市の史跡

写真

土田(どた)宿本陣跡(止善殿)
土田(どた)宿本陣跡(止善殿)

中山道の宿駅としていつ設置されたかは不明であるが、幕府が中山道を 設置する以前から存在したことは、天正10年(1582)織田信長が武田氏攻略、 慶長5年(1600)徳川秀忠が関ヶ原合戦の際、ここに宿泊していることからも わかる。東山道の名残として、土田→善師野→犬山という経路があったようだ。 また、初代尾張藩主徳川義直も土田宿本陣に宿泊し、この一館を「止善殿」 と名付けた。元禄七年(1694)伏見宿の新設に伴い、土田宿は中山道の宿 としての使命を終えている。(可児市教育委員会案内板より抜粋)

詳細情報

投稿日2013.02.05 再生回数 再生時間00:00:00
配信元

Copyright (C) 2019 TOKAI DOUGA All Rights Reserved.