詳細な条件設定

カテゴリー
地 域
投稿日
再生時間
参照元サイト

東海道 関宿

写真

東海道 関宿
関宿の町並み  背後に鈴鹿山脈の山並みが見える 関の由来は古代日本三関の一つ「鈴鹿の関」が置かれたことに始まる

亀山宿から太岡寺畷(なわて)へ

野村の一里塚から300mほど行った所に大庄屋屋敷跡の標識が立っている。面影はないが 広大な屋敷であったろう。さらに進んだ左手に布気神社の鳥居が見える。布気神社のあたりは、江戸時代に立場があったと伝えられている。
布気神社から300mほど行った坂の下に大正記念道道標がぽつんと道端にあり、すぐ近くに 清福寺の立派な山門が見える。
ここから鈴鹿川に沿って太岡寺畷(なわて)に進む。 縄手とは湿地帯の中に延びた小道を意味する。鈴鹿川の北堤を1946間(3.5km)約18丁に及ぶ東海道一の長縄手であった。

  • 布気神社本殿布気神社本殿
  • 布気神社解説布気神社解説
  • 大正記念道道標大正記念道道標
  • 清福寺清福寺
  • 太岡寺畷(なわて)太岡寺畷(なわて)
  • 太岡寺畷(なわて)解説太岡寺畷(なわて)解説

小万のもたれ松~御馳走場

小万のもたれ松が見えると関宿は近い。東の追分は、東海道と伊勢別街道の分岐点。鳥居は伊勢神宮の式年遷宮の際、古い鳥居を移築するのがならわしになっている。 追分付近には、常夜灯や一里塚跡が残っている、関宿の東の入口だ。
ここから250m余り進んだ右手に御馳走場の碑が建っている。御馳走場とは、宿場町に出入りする大名行列の一行を、宿の役人が出迎えた所。 関宿には 四カ所の御馳走場があった。
御馳走場の右手には関神社の参道が走る。少し進んだ、右手奥にある延命寺の山門は旧本陣跡の門を移築したものだ。

  • 小万のもたれ松小万のもたれ松
  • 小万のもたれ松小万のもたれ松
  • 関宿東の追分関宿東の追分
  • 関宿解説関宿解説
  • 一里塚跡一里塚跡
  • 御馳走場 宿場町に出入りする大名行 列の一行を、宿の役人が出迎えた所御馳走場 宿場町に出入りする大名行 列の一行を、宿の役人が出迎えた所
  • 関神社関神社
  • 延命寺(旧本陣跡の門)延命寺(旧本陣跡の門)

関宿中心部

宿の中心部へ進む辺りに瑞光寺の参道が見える。瑞光寺は関氏ゆかりの寺、境内にある 権現柿は、徳川家康が関宿に立ち寄った時、賞味したといわれる。
関まちなみ資料館や鶴屋脇本陣、波多野家を左右に見ながら中町方向に進む、関宿の中心部だ。
川北本陣跡碑や伊藤本陣跡碑、両替商を営み大阪の鴻池家と並び称されていた豪商橋爪家 、問屋場跡碑が往時の繁栄を偲ばせるように軒を並べている。
玉屋歴史資料館は旅籠「玉屋」を修復してつくられた歴史史料館。関の戸本舗は創業360年の餅菓子の老舗。 銘菓関乃戸 は餡を求肥の皮で包み、和三盆をまぶした 一口大の餅菓子だ。
ここからしばらく進んだ右手に福蔵寺の参道が見える、境内には亀山市指定史跡 関の小万の墓がある。福蔵寺の参道入口の左手前方に見えるのが、天平13年(741)行基菩薩によって創建されたと伝えられる古刹地蔵院。
本尊 地蔵菩薩座像は、わが国最古の地蔵菩薩と言われている。 また、境内にある愛染堂は、室町初期の文永四年(1267)の建立された。室町鎌倉の建築様式としては 三重県下最古のもの。鐘楼は寛文十一年(1671)に建立された。 地蔵院の参拝を終え、西の追分へ向かう。

  • 瑞光寺 関氏ゆかりの寺、境内にある権現柿は、徳川家康が関宿に立ち寄った時、賞味したといわれる瑞光寺 関氏ゆかりの寺、境内にある権現柿は、徳川家康が関宿に立ち寄った時、賞味したといわれる
  • 川北本陣跡川北本陣跡
  • 橋爪家橋爪家
  • 橋爪家解説橋爪家解説
  • 伊藤本陣跡伊藤本陣跡
  • 伊藤本陣跡解説伊藤本陣跡解説
  • 問屋場跡問屋場跡
  • 玉屋歴史資料館 旅籠「玉屋」を修復してつくられた歴史史料館玉屋歴史資料館 旅籠「玉屋」を修復してつくられた歴史史料館
  • 高札場跡高札場跡
  • 関の戸本舗 創業360年の餅菓子の老舗関の戸本舗 創業360年の餅菓子の老舗
  • 福蔵寺福蔵寺
  • 福蔵寺 関の小万の墓福蔵寺 関の小万の墓
  • 地蔵院 天平13年(741)行基菩薩に よって創建されたと伝えられる古刹地蔵院 天平13年(741)行基菩薩に よって創建されたと伝えられる古刹
  • 本尊 地蔵菩薩座像は、わが国最古の地蔵菩薩と言われている本尊 地蔵菩薩座像は、わが国最古の地蔵菩薩と言われている
  • 地蔵院鐘楼 鐘楼は寛文十一年(1671)に建立地蔵院鐘楼 鐘楼は寛文十一年(1671)に建立
  • 愛染堂(地蔵院)文永四年(1267)の建立。室町鎌倉の建築様式としては三重県 下最古愛染堂(地蔵院)文永四年(1267)の建立。室町鎌倉の建築様式としては三重県 下最古

西の追分へ

右手に誓正寺、長徳寺、観音院を過ぎると関宿の西のはずれだ。 西の追分は、東海道と大和街道の分岐点。石碑を見ながら坂下宿をめざす。

  • 長徳寺長徳寺
  • 観音院観音院
  • 関宿西の入口付近関宿西の入口付近
  • 西の追分西の追分

詳細情報

投稿日2013.02.06 再生回数 再生時間00:00:00
配信元

- Copyright (C) 2020 TOKAI DOUGA All Rights Reserved. -